ブライダルモデルとは。仕事内容やなり方、向いている人の特徴。

ブライダルモデルとは

ブライダルモデルという仕事を、みなさん1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、実際どんなことをする仕事なのか、どれだけ稼げるのか、どうしたらブライダルモデルとして活躍できるのか、わからない方が多いのではないかと思います。

ブライダルモデルは、模擬の結婚式や披露宴を行う際に、新郎新婦の役を務めるモデルのことです。新郎役と新婦役が存在するため、男性でも女性でもブライダルモデルになることが出来ますが、主に新婦役の女性の募集が多くなっています。

結婚を控えたカップルがどんなところで結婚式を挙げようか決める際、式場それぞれの模擬挙式や模擬披露宴のデモンストレーションを見ることで、実際の式をイメージし、式場を決めることがほとんどです。

デモンストレーションを見たカップル達に、こんな素敵な式をあげたい!を思わせるのがブライダルモデルの仕事です。

ブライダルモデルの仕事内容

模擬挙式のモデル

模擬挙式

まず一つ目が、模擬挙式の新郎新婦役です。

模擬挙式とは、これから結婚式を挙げようと思っているカップルや新郎新婦のために、本番と同じような流れで実際に挙げる式のことです。入場から退場まで実際にどのくらいの時間を要するのか、どのようなことが行われるのかを知るための大事なイベントです。ブライダルモデルは、その模擬挙式の中で新郎新婦役を務めます。実際に花嫁と花婿の恰好をしたブライダルモデルが式を再現します。模擬挙式を見て、式場やドレス、式の内容を決めるカップルも多いので、とても重要な役割であり責任感の大きい仕事です。

ブライダル関連広告モデル

ブライダルモデルとは

ブライダルモデルのもうひとつの仕事が、ブライダル関連の広告モデルの仕事です。ブライダル関連の広告とは、結婚式場の案内のパンフレットやドレスカタログなどです。

結婚式場のパンフレットやドレスカタログは、その式場のイメージを伝える重要なものです。お客様に「この式場で式を挙げたい!」「このドレスを着たい!」と思っていただくために、式場側の要望を汲み取りながら素敵な作品を作る重要な役割となります。

ドレスショーへの出演

ブライダルショー

ウェディンドレスショーとは、ウェディングドレスのみで行われるファッションショーのことです。ドレスメーカーや結婚式場が新着のドレスを発表する際などに行われます。色も形も様々なドレスを身に纏い、ランウェイを歩く仕事もブライダルモデルの仕事です。ドレスに合わせて髪型やメイクもプロが行い、普段では得られないような経験をすることが出来ます。

ブライダルモデルに向いているのはこんな人

ブライダルモデルは、綺麗なドレスを身に纏うことができ、女性なら1度は憧れる職業です。しかし誰でも目指せる職業ではありません。では一体、どのような人がブライダルモデルに向いているのでしょうか。ブライダルモデルを目指すにあたっての注意事項と併せて見ていきましょう。

自然な笑顔が作れる

ブライダルモデル

ブライダルモデルは、花嫁役として実際に式を行なったり、これから式を挙げる予定の女性に向けて、結婚式の良さをアピールするために幸せな花嫁を演出する仕事です。

「私もこんな幸せそうな花嫁さんになりたい!」と思ってもらうために、笑顔がとても大切です。ブライダルモデルは、自然体でありながらも美しい笑顔を常に作り続ける必要があります。笑顔ひとつで幸せなオーラを放てるような、ドレスに負けない素敵な笑顔を常にキープし続ける必要があります。

日焼けは大敵!肌や髪の管理が出来る

美容

ブライダルモデルの衣装のメインは、白いウェディングドレスです。白いウェディングドレスには、日焼けした肌よりも真っ白な透明感のある肌の方が映えるイメージがあるかと思います。

そのため、ブライダルモデにとって日焼けは厳禁です。デコルテや背中を大きく露出するため、全身の肌管理が必要となります。日焼けだけではなく、ニキビや虫刺され、シミなどにも注意が必要です。